独立起業

「使い捨てデザイナー」から「パートナー」へ

先日、とある会社の社長さんから二度目のロゴデザインのご依頼がありました。
打ち合わせに伺い、今回の仕事についての詳細をお聞きした後、その社長がおっしゃいました。

「こうなりたいという目標があるか?」
私はこのシンプルな質問に、ハッとしました。

私が言いよどんでいると、そのまま社長は続けられました。
「プロ意識の問題だ。アルバイトに毛が生えたくらいの感覚とちがうか?」
「・・・・・・」

何も答えられなかったのは、恥ずかしながらその通りだったからなんですよね。
「デザインで役に立ちたい」という想いはベースにありましたが、いざフリーになってそこからの目標はというと…
当初の私は、生活していけるだけのお金が入ってくればOK、という気持ちだったように思います。

「自分の値段はちゃんと決めた方がいい。安いから選ばれるデザイナーになりたいのか?
世の中には「高いな~」としぶしぶ50万払う人間もいるが、「ありがとう!」と喜んで50万払う人間もいる。
喜んでお金を払ってもらえるデザイナーになりたくないか。」

それからその社長は、仕事、友人のこと、世の中のこと、さまざまな話を聞かせてくださいました。
そして最後に、私の顔をじっとみつめておっしゃいました。

「初めアンタが営業に来たとき、ちょうど知人がお店をたちあげるタイミングだったんだ。
正直、ダメなら使い捨て、くらいの気持ちでロゴを依頼した。
でも知人があのロゴをすごく気に入ってくれて…」

「使い捨てデザイナー」ではなく「パートナー」として仕事を続けるために今回のお話があったんだと、私はようやく気が付きました。
この社長の言葉によって私は、仕事をする上でのプロ意識について考え始めたのです。