独立起業

独立してわかったこと

独立して数か月が経った頃、自分がいかに無鉄砲に飛び出したかを思い知らされました。
デザイン技術の未熟さ。経営、社会の仕組みについての無知さ。そして会社という組織のありがたさ…
すべて独立してから痛感したことです。。なんとも恐ろしい…

でも、1年の期限を決めて飛び出したからには、やれるだけのことをやるしかない!

デザインのことも経営のことも、基礎から学び直しました。
度重なる失敗にへこんだり、小さな評価に舞い上がったり、ただただ目の前の課題に1つずつ取り組む毎日。
仕事、家事、育児で完全にキャパオーバー。気持ちの面でも余裕がなくなっていたと思います。

そんな中、夫は知人や仕事でお世話になっている方々に、私の名刺を配ってくれていました。
迷い悩んだ時に、私のとりとめのない話を聞いてくれました。(今思い返しても泣きそう…)
諸先輩方、クライアントの方々は未熟な私を信じて育ててくれました。

個人事業主は、あらゆることを一人でしないといけません。
仕事はもちろん、すべての決断に自分の責任と覚悟がつきまといます。

でも「一人でもやるんだ!」と覚悟を決めたら、一人じゃないことに気付かされた—
独立してわかったこと、それはたくさんの人に支えられてやってこられたんだということでした。

約束の1年が経ち、収入面、仕事環境の面で家族の了承を得て仕事を続けられることになり、今に至ります。
これからもデザイナーとして私ができることを模索しながら、日々進んでいきたいと思います。