独立起業

独立を決めたきっかけ①

周囲の事業主の方々とお話ししていると、「いつかは独立したいと思っていて準備をしていた」と聞くことが多く、その度に変な汗をかいています。。

私の場合、デザイナーとして独立するなんて正直夢にも思っていませんでした。
それが、ある出来事をきっかけに急発進し、今のこの道を歩くことになった—
人生ってホント不思議だなぁと思います。

看板製作会社に勤めて10年ほど経った頃のこと。

それまで野立誘導看板(道路脇に立つ大型看板)メインだった仕事が、カーナビの普及により激減。
代わって新規店舗のお店作りに関わる、看板のトータルデザインの需要が増えてきていました。

デザイナーさん持ち込みのロゴデザインに触れたり、自分でも制作する中で「お店作りの力になる」「クライアントの想いをカタチにする」というデザインの意義を感じ、ぼんやりとですが「こういうのっていいなぁ」と思い始めていました。

転機は2005年の秋。

勤務している看板製作会社公認で「デザイン書道家登録制の書のオーダーメイド」というシステムのサイトに登録申請しました。
作業は本業に支障のない夜間に行うという約束で、筆文字ロゴデザイン制作のスキルアップと収入のプラスアルファになれば、というくらいの気持ちだったと思います。

その数週間後、1件の依頼が。
私がサイトに提出した数種の筆文字のタッチをクライアントが気に入ってくださったとのことで、次のように言われました。
「5日後に5つのプレゼンを出したい。午後から大阪に打ち合わせに来られますか?」
「そのプレゼンがOKなら、年内に100種ほどの商品ラベル、パッケージのリニューアルが必要になります。」

サイトへの登録を軽く考えていた事をその時後悔しました。
事前に勤務状況は伝えてあったのですが、フルタイムで働いて夜のみの作業ではとうてい無理なボリューム。

すごくやりたかったのですが断らざるをえなくて…
その仕事は、同じサイトに登録されている別の方にまわされました。(長くなったので②につづく)