独立起業

ホームページ開設で変化した仕事の入口

独立して最初の1年は、これまで勤めてきた会社と在宅デザイナー登録をした会社からの仕事、また、知人を介してや、地元地域の会社に飛び込み営業に行きご依頼いただいた仕事がメインでした。

2年目に入り本格的に仕事をしていくため、税務署に開業届を提出。
自社のホームページを開設したことをきっかけに、その後の仕事環境が大きく変化することになりました。

当時(2007年)は「ホームページを持っていることで会社として信頼される」といった風潮があったので、私の中での “ホームページ” の認識は、「プロとして仕事をしていく上での看板代わり」「デザインのポートフォリオ」くらいなものでした。

ですが、開設して間もなくデザインの依頼が入ってきて… しかもそれが海外から!

今でこそ当たり前のように他府県の方々と仕事をさせていただいていますが、当時ホームページ経由で遠方の仕事をしている人なんて周囲にいませんでしたし(田舎町だからかもしれませんが…)、大きな会社ではなく個人のホームページに直接デザインの依頼が入ってくるなんて思いもしていませんでした。
だから最初は怖じ気づき、せっかくいただいた依頼を「どうにか断れないものか…」と考えたりもして(笑)

その依頼は、ご要望の詳細をメールでお聞きし、デザインの提出、確認からデータ納品まで無事完了しました。

それからというもの、「ホームページは仕事の入口」「インターネットは世界とつながっている」
そして、「田舎に住んでいても日本全国、世界のデザインの仕事ができる」が私の中での常識になりました。
ホームページは「私の頼れる営業マン」です。

その後、ブログ、Facebook、Twitterなどがきっかけでデザインのご依頼やご縁をいただくこともあり、情報発信の大切さと世の中の変化を日々感じています。